松戸の放射線対策を力強くやっていきます。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-03-20 (火) | 編集 |
モデル 松戸の1歳の男の子

 ※外部被曝※
家の中 0.15μSv/h 16時間
保育園 0.15μSv/h 04時間
外遊び 0.30μSv/h 04時間
=1533 μSv

※内部被曝※
(食事、毎日1Bqのセシウムを食事から摂取)
5μSv * 内部被曝のリスク係数(10倍) = 50μSv

合計 年間で追加被曝 1.583 mSv になります。


皮膚を透過し、最も健康に影響を与えるγ線によるDNA損傷を考えます。
(田崎先生の講演会より)
γ線はDNAを損傷させます。
ただ、DNAの損傷自体は珍しいことではなく、紫外線でも損傷したりします
よって人間の体には、DNA細胞の自己修復機能が備わっています。

強いγ線はDNAを完全に破壊するそうです。考えてみればたしかにそうですね。
よって破壊されたDNA細胞は破棄されます。それにそれほどの強いγ線、これは松戸には無いでしょう。

中途半端に弱いγ線はDNAを中途半端に破損させます。
⇒そうすると修復が始まります。
 ⇒直ればOK
 ⇒直らなければ細胞死
 ⇒中途半端に直ると、将来ガンの種になります。

1歳の子供は細胞分裂が活発なので、この将来の禍根となるDNAを持つ細胞が出来たとしても
すごい勢いで、それも細胞分裂でまるごとコピーしていきます。

ですので、子供がこの中途半端な(低線量被曝)γ線を浴びる量は
ICRPなどで世界で決められている年間被曝限度1mSvを守らせたいのです。

ではどうするか?先ほどの被曝モデルケースを見てみます。

家の中 0.15μSv/h 16時間
保育園 0.15μSv/h 04時間 ⇒ 松戸の除染計画に入っています。
外遊び 0.30μSv/h 04時間 ⇒ 松戸の除染計画に入っています。

家の中で過ごす時間が多いのに
手付かずです。



一番子供が時間を過ごす場所の線量について
何月に下がるのか?いつ誰がやってくれるのか
明確な答えがなければ、不安は不安のままでしょう。

自分でやる意思と選択肢はありませんか?
一緒にプランを考えてみませんか?

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 松戸情報へ
にほんブログ村
2012-03-20 (火) | 編集 |
まず、3月21日から低下し始めた3号機の格納容器の圧力が外の気圧と同じになりました。

image[63]

以後ずっと3号機の内部の圧力は外気圧のままです。
つまり、3号機から放射能が漏れました。

そして、21日は北風でした。
もれた放射性物質が関東にやってきました。
実は15日にも放射性物質はやってきましたが、素通りしました。
21日はそうは行きませんでした。
なぜなら、運悪く雨が降っていたからです。

西からの雨雲と北からの放射性物質の雲がちょうどぶつかった場所
それが東葛地域です。

nnistarさんという作られた汚染地図があります。
公式データを細かくプロットされたものです。

これから、東葛エリアの汚染状況をざっくり抜き出して見ます(オリジナル)

汚染マップ1

黄色の枠は気をつけるレベル(1㎡あたり1万-4万ベクレル程度)
赤い枠は何か対処するレベル(1㎡あたり2万-4万ベクレル以上)
とかいろいろデータはありますが

結局都市濃縮が起きたら関係ないわけです。

住んでる町の平均線量で安心するのはおかしくて、
日本全国でみてもまだらなんだから
自分の家の近くがまだらになることもあるのです。

汚染の実態、最小の単位はメートル単位です。

市町村ごとのレベルの差を争うよりも
自分の家の周りを計測しましょう、それしか意味を成しません。

松戸・流山・柏・鎌ヶ谷・我孫子・三郷・吉川・守谷・取手の方
子供の生活エリアの目線で放射線マップはありますか?
家・学校・公園・通学路
こういった子供の活動範囲の汚染状況を知ることが第一です。

次に、その生活エリアの放射線量から
子供の年間被曝量を計算しましょう

続きは基礎編②で


2012-03-19 (月) | 編集 |
まず、民有地の除染についてですが、国は追加被曝年間5ミリシーベルト以下の地域の
民有地の除染に関して、費用を負担しないことを決めました。
(壁面や雨どい、側溝の清掃や汚泥の除去、枝葉の剪定や落ち葉の除去などは補助)

東日本大震災:福島第1原発事故 低線量の地域での除染高圧洗浄・庭の土壌除去、国は負担せず

そして松戸市です。
松戸市除染実施計画(案)(概要版)

A 市が除染業務委託
B 所有者や町会・自治会等の協力を得ながら市と団体等が一体となり除染を実施

業者を雇うか、町内会とかでやって欲しいとのこと。


ポイントとしては、以下だと思っています。
市が除染をしてくれる(かもしれない)状態で、
自分でやる判断ってありますか?


ただよく考えると、ちょっと厳しいのかな?という計算もあります。
22年の国勢調査
松戸の結婚している世帯数は131,749件です。うち夫婦のみ37,995なので
子供のいる世帯は93754世帯あります。

1件1万円で業者が天地返しで除染してくれるのであれば、9.3億円です。
1日に50世帯やってくれたとして、1875日 5年です!
どうやって優先順位をつけるか?自分が市の職員だったとしたら決められますか?
僕なら決められません。

そんなわけで、松戸市を信じつつも
自分でできる民有地の除染という道があるなら、検討を始めても遅くは無いのではないでしょうか?

まずは、民有地の除染とは何か、
どの程度までできて、それでどれだけ意味のある効果があるのか
まずは、調べてみます。

どなたか松戸の為にまっすぐ直球で活動する方いませんか?
そろそろ「やるよやるよ」を待っているじゃなくて自分達でやっちゃいませんか?
熱い方おまちしております。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 松戸情報へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。