松戸の放射線対策を力強くやっていきます。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-04-02 (月) | 編集 |
こんばんは、松戸市の除染計画がでました。

小学生までで「子供」は線をひかれてしまいましたが
一応行政がやるといっているのであれば、除染について
全ての団体は活動の芽をうしなってしまうでしょう。

しかし、松戸市が具体的な個人宅の除染方法について
しっかりと具体案を出してくるまでは続ける予定です。

個人宅の除染についての考察1回目です。

私なりの考えをまとめます。

・放射線に影響のあるとされる子供は、家の中でより多くの時間を使う
・家の敷地でどこが高い。という仮説は仮説に過ぎない。
・雨どいの下なのか、屋根の雨どいに詰まった落ち葉なのか?壁なのか家の中のカーテンなのか全ては計測から。
・家の除染を考えることが、外部被曝への一番ゆうこうなアプローチ
・個人宅では、常識にとらわれずに作業する。(例:雨水枡が線量たかく、作業できない=ふたをしてリスク管理し、作業はしない等)
・子供の生活導線、遊びの導線を考える。無駄な除染はしない。
・家の中の掃除をおろそかにしない、放射線は外壁を通過するが、家の中にどれだけ影響するかは不明。

とこんな感じです。
一番大事な家の除染に関してですが、徹底的な計測をまずはオススメします。
クリアパルスA2700などで計ってみて、実際に気になる放射線(危険となる放射線量)は
3mくらいしか飛ばないと思っているからです。

それは、学術的には100mでも60mでも電極を持たないγ線はまっすぐに飛ぶはずです。
しかし、外気にはいろんなエネルギーを拡散する要素があるし、60m飛ぶのは全体の何%なのか?
って考えると(というより実際に線量系を計ってみた経験値からですが)
γ線も線量系に現れる程には飛んでいないように思えるのです。

学者ではないので断言はできませんが
恐れているのは、等しくみんな線量計の数値であるはずです。
そしてその線量計の数値が、距離の2乗の法則にのって下がってくる(減衰する)のであれば
リアルの世界で恐れるγ線は「強い威力を持って空気中を進むのは3m程度」という定義が成り立つと考えています。

ですのでベータ線は1mの範囲、ガンマ線は3mの範囲の線原を探しているということだと思います。
これは、γだけ計れるシンチ系線量計をお持ちの方、β込みで計るGM管をお持ちの方などは、
実感の持てる内容ではないでしょうか?

その自分のこれまでの計測経験による東葛の放射線ルールに応じて、
東葛の個人宅の除染モデルを組み立てていきます。


スポンサーサイト
2012-03-29 (木) | 編集 |
火曜日に八柱〜常盤平〜五香とさくら通りを歩いて測りました。

歩道での高さ1mの測定値は0.14~0.21μSv/hの範囲でした。(Mr.Gamma)

しかし一部の吹き溜まりや雨水の集まりそうなところに直置きすると、高い数値が出ました。



より大きな地図で さくら通り 3/28 を表示
0.13-0.16 青ピン 0.17-0.21 緑ピン 0.22- 黄ピン
直置き/高…赤色の画鋲 直置き/低…水色の画鋲



・本日のお供
Mr.Gamma, SOEKS01M, エアカウンターS
※基本はMr.Gammaで測定しました。

3台の計測器


駐車場隅の茶色い砂
:直置き,毎時1.03μSv 
   


L字型側溝の堆積物
:直置き,毎時1.50μSv


歩道の建物の壁の間の溝の堆積物
:直置き,毎時0.52μSv             赤丸で囲った部分です
  


歩道のくぼみにたまった砂           その横の砂のないとこ
:直置き,毎時0.64μSv             :直置き,毎時0.24μSv
    


排水口の真下
:直置き,毎時0.98μSv 




桜の木の根元
:直置き,毎時0.41μSv。             直置き,毎時0.16μSv。こっちは低い。
   


植え込みの土。新しそうな土           乾いた堆積物
:直置き,毎時0.18μSv              :直置き毎時0.20μSv 
       


植え込みの土とアスファルトのきわ       その横の砂のないアスファルトの上
:直置き毎時1.13μSv             :直置き毎時0.18μSv 
    


さくら通りは日本の道百選なんですね。     今週末はさくら祭りです。
    


五香駅構内

我が家より低いかも^^;



2012-03-29 (木) | 編集 |
個人宅の除染のプランニング講座に入る前に。。。

今日は、近隣市の活動について

現在活動しているグループの中で
「行動」を活動の中心にすえたものを紹介します。


松戸の未来を取り戻す会(MMT)
えーと、なんといいますか。除染に対する思い、線量を下げて子供にとって安全な環境を作ることに本気ですw
本気すぎておちゃらけてると、怒られちゃうことも。。。
でも、その姿勢が子供にとっては何よりのプレゼントになるのだと教えられます。
松戸にはMMTさんがありますが、しばらくは松戸カエル会も計測や除染アドバイザーとして
松戸の為に活動をしていく予定です。よろしくお願いしまーす。

東葛ガイガー会
流山・松戸・柏など広く東葛地域で初期から計測をしてくれている会です。
Webページの更新は止まっていますが、メールでのやり取りはまだあるようです。
ここの会から派生して、各地域の計測のコアになるようなメンバーさんが生まれているようです。

ICDT流山
(正式名称は「流山の子供たちの為に放射線対策を進める会」かもしれない)
近藤さんっていうパワフルな人が代表してると聞きました。
近藤さんは、前述東葛ガイガー会のメンバーらしい。
ICDTとは(I can do this)の略だそうです。

流山・東深井地区の子供達を放射線から守る会
こちらも流山で計測などおこなっている会です。
そして同じように、パワフルなお母さん達がやっています。

放射能汚染から子どもを守ろう@守谷
守谷安心プロジェクト(もりあん)
こちらの2つは緊密に連携して守谷にの放射線問題に向き合っています。
お散歩しながら、放射線測定を楽しくやる!というすばらしいコンセプトで活動をしています。

ちょっと番外編ですが、東葛をつなげているもう一つの視点
内部被曝と戦う食に関するNPO
ベクまるとベクミルさん
赤字経営覚悟で思い一つではじめた社長さん、
彼の人柄をみて、集まってくる人は多いと思います。
そしてそんなメンバーには純粋な人が多い。

鎌ケ谷市放射能対策 市民の会
@syuramu (しゅらむ) さんっていうすごい人が公園の計測をほぼ一人でしまくっている。
本体の鎌ヶ谷市民の会は、計測の他にもいろいろしているけど、しゅらむさんが一人で計測して作成した地図、そしてそのまっすぐな熱意が鎌ヶ谷市役所に届きつつある?

つながろう柏!明るい未来プロジェクト
柏の会です

問題は、我孫子と野田には市民の会がない?
というかまったくコンタクトや交流がありません。
ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 松戸情報へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。